下妻市 下木戸の歯医者 / すまいる歯科クリニック / 一般歯科 矯正歯科 小児歯科 審美歯科 有病者歯科 インプラント 口腔外科

 
インプラント すまいる歯科クリニック

骨の移植や骨を作る処置を行った症例

インプラントを埋入するには、十分な骨があることが必要不可欠ですが、すべてのケースで、十分な骨があるとは限りません。

骨の幅や高さが不足しているケースでは、骨(自分の骨や人工骨)を移植したり、特殊な膜を用い、骨を作った後にインプラント治療を行います。

症例1

骨造成症例1

分かりずらいのですが、下顎の黄色の矢印部は、骨の幅・高さともに十分なく、下顎枝部(下顎臼歯部の奥のほう)から骨を採取し、インプラント埋入と同時に骨を移植しています。また、上顎前歯部は、骨の幅が薄く、インプラント埋入と同時に、人工骨と人工の特殊な膜を移植しています。

症例2

骨造成症例2

上顎前歯部は、歯が破折したことによる抜歯ということもあり、唇側の骨が不足していました。インプラント埋入と同時に人工骨・特殊な膜を移植し骨を作りました。

症例3

骨造成症例3

臼歯部は、歯周病のため抜歯しました。歯周病が重度で、骨が不足していました。 インプラントと同時に後方の骨を採取し、特殊な膜と一緒に移植し骨を作りました。

症例4

骨造成症例4

全体的に治療を希望された患者様です。上顎前歯部のブリッジは破折により抜歯、噛みあわせの力が強く、 臼歯部のブリッジの部分は、インプラントにて治療を行いました。インプラントは全て埋入され、今後は上顎前歯の部分の上部構造を装着予定です。

症例5

骨造成症例5

上顎前歯部は、骨が1mm~2mmほどしかなく、インプラントの埋入は無理でした。 そこで、下顎枝から採取した骨と人工骨を混和したものを移植し、チタンメッシュ(作成したい顎の骨の形に形成しています)で固定しています。約6か月の治癒期間の後、チタンメッシュを除去し、同時にインプラントを埋入予定です。

症例6

骨造成症例6

赤の矢印部は、上顎洞(副鼻腔のひとつ)までの距離が2~3mmしかなかったため、まず上顎洞底拳上術(サイナスリフト)を行い、下顎枝から採取した骨と人工骨を混和し移植し骨を作りました。治癒後、インプラントを埋入予定です。

症例7

骨造成症例7 骨造成症例7

上顎洞までの距離が約5mmで、ある程度インプラントの固定が可能であったため、 サイナスリフト、骨移植と同時にインプラントを埋入しています。

症例8

骨造成症例7 骨造成症例7

症例8も上顎洞までの距離は、骨は5mmほどでした。症例7同様に、サイナスリフト、骨移植と同時にインプラントを埋入しています。